不動産を【貸す】際のポイント

貸家・アパート等の不動産を【貸す】際のポイントをまとめました。

不動産会社の調査・査定

賃貸管理業ロゴ

1.不動産会社に調査・査定を依頼する

 

依頼を受けた不動産会社は所在地、物件の規模・種類・構造・築年数・間取タイプ、駐車場、希望賃料、希望入居者層などを調査。最適な条件のもとに、賃貸住宅経営が運営できるように手助けしてくれます。

 

また当社は国土交通省告示による任意の賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受けている不動産会社です。

 

登録を受けている会社は一定のルールに沿った管理を行っていますので、安全・安心な管理が期待できます。

 

2.物件概要を確認する

 

不動産会社は現地に行き、物件の内・外部、付属施設、周辺の公共施設や環境、交通機関、そして周辺の類似物件の賃料などを調査します。

 

調査結果から、間取りや設備、内装・外装などのリフォーム提案や、賃料改定のアドバイスなどを行います。

 

また、登記事項証明書等で所有権以外の権利関係の有無を確認します。

入居者募集・賃貸借契約

説明を受けるイラスト

3.入居者を募集する。

 

不動産会社と打ち合わせの上、家賃(敷金・礼金)や入居条件を設定し、募集を開始します。

 

インターネットや不動産会社間情報(レインズ)に登録をして広告し、入居者を募ります。

 

広告を行うと見学を希望する人が出てきます。物件の鍵の扱いをどうするか、事前に不動産会社と打ち合わせをしておきましょう。

 

4.賃貸借契約を結ぶ

 

入居希望者が出たら契約へと進んでいきます。入居希望者から交渉や条件の提示がある場合はしっかりと確認します。

 

契約書の内容は、管理を委託している不動産会社と相談して決めた方がよいでしょう。

退去手続き・新しい入居者を募集

リフォーム

5.退去手続きについて

 

入居者から解約の連絡を受けたら退去の手続きを行います。退去手続きについては管理を委託されている不動産会社が行います。

 

退去時の原状回復はトラブルとなることが非常に多い問題です。この業務は不動産会社に依頼し、入居者との立会いを行ってもらうことが望ましいでしょう。

 

6.新しい入居者を募集する

 

新たな入居者を募集するに当たっての希望条件や、空室修繕工事の内容を検討します。場合によっては、再商品化するためのリフォームを行い、競争力を高めることも必要です。