不動産を【借りる】際のポイント

貸家・アパート等の不動産を【借りる】際のポイントをまとめました。

入居申し込み、審査

提案中

1.見学、入居申し込み

 

物件を見学して気に入った場合、不動産会社に「入居申込書」を提出することになります。入居申込書は、あくまで入居する意思を確認するための書類であって、賃貸借契約書ではありません。

 

2.入居審査について 

 

貸主は入居希望者が提出した「入居申込書」をもとに、その希望者を入居させるかどうかを判断します。特段の事情(ペットを飼いたい、会社の寮として使いたい、家賃保証会社や連帯保証人を付けない、など)がなければ、基本は承認されます。

 

昨今では親兄弟などの連帯保証人ではなく、「家賃保証会社」を利用するケースがほとんどです。「家賃保証会社」についても審査が必要になります。

 

以上が「入居審査」になります。

 

「入居審査」は約3日~1週間ほどかかります。承認となりましたら賃貸借契約に移ります。

重要事項説明書と賃貸借契約

説明イラスト

3.重要事項説明書をチェックする

 

「重要事項説明書」とは、物件概要や契約内容を詳しく記載した書類です。

 

不動産会社は、契約を結ぶ前に、この「重要事項説明書」を宅地建物取引士が宅建証を提示して説明、入居者に交付する義務があります。

 

「重要事項説明書」は、契約書と重複する内容も含んでいますが、非常に重要な書類です。

 

「重要事項説明書」の内容を聞いているときに、疑問が出てきたら、その場で質問してください。

 

そして、最終的に納得してから、契約手続きに入ります。

 

4.賃貸借契約書は納得してから署名する

 

「賃貸借契約書」も同様、不動産会社に分からないところを質問して、納得してから署名・押印するようにしてください。

 

家賃、礼金、敷金(ハウスクリーニング費の場合もあり)、法定仲介手数料、その他諸経費は契約の際にお支払いをする場合が多く、その後、鍵を受け取ります。※入居先の準備(リフォーム等)が完了していない場合、鍵の受け取り

お引っ越し・入居

引っ越し

5.入居

 

引き渡しを受けたらお引っ越し・入居となります。

 

その際、事前にライフライン関係(電気・水道・ガス)への連絡を忘れないようにしましょう。特にガスの開栓は立ち会いが必要になりますので、事前連絡が大切になります。